サロンに行けない時…眉の応急処置は?

千葉駅徒歩5分の眉&美肌サロンBeautySalon VViです。

外出自粛生活が続く中、サロンにご来店いただくことが難しいけど
眉をなんとかしたい…とお困りの方もいらっしゃるかと思います。

通常であれば月に1回サロンで施術を受けていただき、ご自宅では自己処理はしないでいただいておりますが

こんな時ですから次回ご来店まで期間があいてしまったり、やむを得ず自己処理をする場合や眉メイクのポイントをまとめておきたいと思います。

皆様のお役に立てれば嬉しいです(^^)

やむを得ず眉を自己処理する場合の注意点

まず、一番やってはいけないことをお伝えします!

いきなり切ったり剃ったりしないこと(^^)b

これは多くの方が自己処理で失敗する原因なのですが
デザインを決めずに、いきなりカットしたり剃ったり
ましてや抜いてしまったり…


これをやってしまうと高確率で失敗します。

なぜなら、デザインを描いてからでなければ どの部分が必要な毛で
どの部分がムダ毛なのかが明確に分からないから
です。

やみくもにカットしたり剃ってしまったりすると

必要な毛まで抜いてしまったり切りすぎて どんどん眉がなくなっていく…

という失敗が起きます。

眉を自己処理する場合の手順

1、まずペンシルなどで描いてデザインを決める
2、デザインからはみ出した部分だけ毛先をカット
3、そのあとデザインからはみ出た部分に生えている毛を剃る。
(サロンの施術ではワックス脱毛を使用します)

デザインするときのコツ

デザインにはいくつかのポイントがあります。
おおまかに抑えておきたいのは眉山と眉尻の位置です。

よく黄金比と言いますが、これを抑えておくとバランスの良いデザインが仕上がります。

眉山の位置

特に眉山の位置は大事です。詳しく説明しますね。

眉山の位置は黒目外側の延長線上と目尻角の延長線上の間のどこかに位置していればOK

↑この点線の範囲より内側にあったり外側にあると不自然な印象を与えてしまいます。

この範囲内に眉山が位置すればOKなわけですが長年お客様の眉をデザインしていて
一番似合う方が多い位置というのがあります。

↓それが、この範囲内のちょうど中心部です。

自分は どこに眉山を作ったら良いか分からない…
という方は、まず この中心の位置を試してみてください。

かなりの確率でしっくり来ると思いますよ^^

眉尻の位置

眉尻は一体どこまで延ばしたら良いのか?

これはけっこう皆さま悩まれるようです。

小鼻と目尻を繋いだ延長線部分または口角と目尻を繋いだ延長線部分なのですが
その際に気を付けなければいけないことがあります。

眉頭から水平に眉尻方向に引いたラインよりも、下にはみ出さないようにしましょう。

このラインをはみ出すと、ハの字眉
または困り顔な眉になってしまいますのでご注意ください。

簡単にポイントをご説明しました。
おうちで自己処理する場合は参考にしてみてくださいね♡

※現在、コロナウィルスの感染防止対策として新規のお客様のご予約を一旦停止させていただいております。

新規ご予約をご検討中のお客様とも早くお会いできる日が来るように願っております。

眉スタイリングについて

眉が整うと、お顔立ちがより素敵になります。
テンプレートなどは一切使わず、一人ひとりに似合うデザインをご提案させていただきます。

翌日からご自身で眉を描く際のワンポイントアドバイスもさせていただきます。